若いうちからセサミン

前へ
次へ

出来るなら、朝スッキリ目覚めて一日をスタートさせたいものですよね。
体の疲れが気になる年代として、感じる年齢に差はあるものの、多くは30代〜50代ではないでしょうか。
そんな中高年にとって、セサミンは救世主のように注目を集めています。

セサミンは肝臓の働きを助ける効果があるとして注目されていますが、体全体の老化を抑止する効果があります。
そのセサミンを若い時から摂取していたら、より一層の老化防止につながるとは、考えられないでしょうか?
それとも、セサミンを若いうちから摂取するべきではないのでしょうか?
今回は、若く健康的な体を維持している世代からセサミンを摂取しても良いかどうかについて、皆さんにご紹介させていただきます。

■体内の酵素生成が衰える前に、若いうちから始めよう!


「疲れが取れない・・・」と感じてから摂取するのではなく、健康な体のうちから摂取することで、体の酸化を抑止することができ、細胞の老化抑制効果が期待できます。

セサミンは薬ではないです。
セサミンは、あくまでも肝臓の働きを助け、細胞酸化を抑制してくれる成分です。
ですので、健康な人が定期的に摂取することで、健康な体を長期間維持する事が出来ると考えられます。

人間の老化に直接関係してくる「活性酸素」。
その活性酸素は、人間活動でどうしても生成されてしまう、いわばゴミです。
そのゴミは、同じく体内で生成される酵素によって除去されるのですが、その除去機能は20代をピークにして徐々に減少してしまいます。

「若い時は食べても太らなかったのに・・・」
「若い時は寝たら次の日スッキリだったのに・・・」

という一つの原因は、その酵素の減少によるものです。
つまり若い時よりも、除去される活性酸素の量が少なくなってしまった事が要因です。
20代のうちから、セサミンを摂取することで、活性酸素を除去する酵素の生成が衰えてきたとしても、それを補いながら体をいたわることが出来ます。

■生活習慣病になる前にセサミンを始めましょう!


生活習慣病の予防として、中高年に人気のセサミンサプリメントですが、上記の通り、若いうちから摂取することで肝臓を健康に保ち、活性酸素の生成を抑制しながら、減少する酵素生成を補うことができるのです。

疲れを感じる前に、早いうちからセサミン習慣を始めてみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る