セサミンとお酒

前へ
次へ

テレビCM等で「しじみのエキス」や「ウコンのエキス」が入ったドリンク剤が紹介されていますが、商品棚にはCMで紹介されているよりも多くのドリンクが販売されています。

そんな激戦区とも呼べるアルコール対策商品ですが、実はセサミンにも同様の効果があることをご存知でしょうか?
しじみやウコンと同じように、セサミンにも二日酔いの解消や予防に効果があるのです。
今回は、セサミンとお酒の関係と効果について、みなさんにご紹介させて頂きます。

■吐き気や目まいの原因はやっぱりアルコール


お酒を飲むと、アルコールは血液によって肝臓に運ばれ、肝臓で水と二酸化炭素に分解されます。
その過程で体内生成される毒素(=アセトアルデヒド)が原因で二日酔いになると特定されています。
肝臓の分解処理が追いつかず、アセトアルデヒドが体内に蓄積されると「倦怠感」「吐き気」「強い動悸」として症状が現れるのです。

■セサミンでアセトアルデヒドを分解!


体にアセトアルデヒドが蓄積しないように、セサミンの抗酸化作用が分解を助けてくれます。
セサミンは、血液に溶け込む事無く、肝臓まで届きますので、アルコールが分解されるその現場でダイレクトに力を発揮してくれるのです。

従って、二日酔いを防止したいならなら、セサミンは飲酒の直前に飲んでおくのがベストということになります。
飲酒の直前に飲んでおけば、肝臓に運ばれてくるアルコールを待ち構える形で分解してくれるわけですね。
肝臓の疲労も回避できます。

■そもそも日本人はアルコールに弱いのです


外国人に比べて、日本人はアルコールに弱いといわれています。
その理由は明確にされていて、黒人や白人に比べてアセトアルデヒドの分解能力が弱いからと立証されています。
「セサミンを飲んだから大丈夫!」と考えるのではなく、セサミンを飲んで肝臓をいたわりながら、休肝日を作って肝臓をお休みさせてあげましょう。
そうでなくても、肝臓は食事をする度に働きづくめです。
ヘルシーな食事をする日を設けるだけで、肝臓はきっと嬉しいと思いますよ!? またそんなセサミンの副作用についても参考にご覧ください。

ページのトップへ戻る