セサミンとお魚

前へ
次へ

健康志向な人たちに人気のセサミン
そのセサミンを、魚と一緒に食べるとより効果的であることをご存知でしょうか?

セサミンと魚を一緒に食べることで、血液の流れが良くなり、痴呆症の予防にまで効果があると期待されています。
今回は、セサミンと魚の相乗効果について、みなさんにご紹介させていただきます。

■魚に含まれる注目の栄養素


DHAは、魚の目玉付近に多く含まれるとされており、サプリメントとしても活用されている栄養素です。
サバやイワシ等、青魚と呼ばれるものに多く含まれる栄養素で、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させる効果をもたらしてくれれます。
中性脂肪や、悪玉コレステロールが減少すると、血流を阻害する物(抵抗となる物)が少なくなるため、血液がサラサラと流れるようになり、脳梗塞や動脈硬化等の生活習慣病の防止に繋がるのです。

このように素晴らしい効果を見せてくれるDHAなのですが、酸化しやすいという欠点を持っています。
肝臓がDHAを処理する最中に、どんどんとDHA自身の酸化が進んでしまうのです。
魚を食べて、せっかくDHAを摂取しても、酸化の影響でその全てを栄養素として活用できていません。

■セサミンで酸化を防ぐ!


そこで、セサミンの登場です。セサミンは、強い抗酸化作用を持っています。
その抗酸化作用によって、DHA自身の酸化を抑止する働きをしてくれるのです。
DHAの酸化を抑止できれば、有効成分として活用できるDHAの量が増える事になりますので、今まで以上に血液をサラサラに保つことが出来るようになります。

■血液サラサラで毎日を健康に


セサミンと一緒に魚を食べることで、DHAの摂取量が増え、サラサラな血液になることをご理解いただけたのではないでしょうか。
セサミンはサプリメントとして販売されており、手軽に食事に取り入れることができます。
「魚と一緒にごま」「DHAとセサミン」を心がけるだけで、体の調子が良い方に向かってくるはずです。

しかしながら、サプリメントばかりに注意を向けてはなりません。
生活習慣病の防止として、様々な方法があふれている現代ですが、一番効果的なのは「バランスのとれた食事と適度な運動」なのは間違いありません。
普段の食生活をバランスよく保ちながら、健康的なサラサラ血流を目指しましょう。

ページのトップへ戻る