セサミンと明日葉

前へ
次へ

健康食品に関心のあるユーザーから、絶大な人気を得ているセサミン。
様々な効果が期待されているイソフラボンはひときわ女性から注目されているのが「老化防止」という効果ではないでしょうか。
人間は、どうしても年齢を重ねる毎に老化の一途を辿ります。
しかし、セサミンによってその老化現象を遅らせることができるかもしれない・・・そんな夢のような可能性が研究されています。
さらに、その老化防止の相乗効果が期待される食品があります。
今回は、セサミンが持つとされている老化防止効果に相乗効果をもたらしてくれる食品として「明日葉」をご紹介します。

■セサミンと明日葉の超絶連携プレー


人間のあらゆる活動を行えば体内には老廃物(ゴミ)が体内に溜まってしまいます。
そのゴミの中に、老化を促進させる活性酸素というものがあります。
活性酸素は、細胞を酸化させる作用を持っているため、体内に残ってしまうと人間のあらゆる細胞にその効果を発揮してしまい、筋肉や臓器の細胞を酸化させます。
肌細胞が酸化してしまうと、シワとして目に見える形で現れてくるわけですね。

その活性酸素の働きを抑制してくれるのが、セサミンの持つ抗酸化作用です。
セサミンは血液に溶け難い特徴があり、直接肝臓まで届いて威力を発揮してくれます。

抗酸化作用といえば、有名な栄養素「ビタミンB群」。
明日葉には、ビタミンB群が多く含まれており、セサミンと同様に活性酸素による酸化作用を抑止する働きをしてくれます。
つまり同じ抗酸化作用をもった食品として、セサミンと明日葉の相性はバッチリです。

さらに、明日葉には糖尿病予防効果や、アルツハイマー病の予防などに効果が期待されており、セサミンの得意分野外の効果も期待されています。
また、明日葉に含まれるポリフェノールに「カルコン」と呼ばれる成分があり、この成分がメタボリックシンドロームの対策に効果的なのではないかとの研究も進められています。
このように、セサミンと明日葉は、長所を打ち消し合うこと無く、良い効果をお互いに発揮できるとても良い相性の食品です。

■毎日の食卓にセサミンと明日葉を


いかがでしたでしょうか?
セサミンと明日葉を毎日の生活に取り入れることで、細胞の老化を抑止することができ、いつまでも若々しく健康でいられる可能性が高くなります。
明日葉を直接食べるのが難しい場合は、明日葉メインの青汁でも同様の効果が期待できます。
セサミンのサプリメントを、明日葉配合の青汁で頂くのが手軽ですね。
これを機会に、手軽で簡単なセサミンで健康習慣を始めてみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る